ようこそ三河の古い町の観光情報ネットワーク 简体|繁体| ENGLISH|日本語|한국어
あなたの位置:旅行の攻略>回線

三河四景

発布時間:2014-09-03 15:02:12 ニュースソース:三河の古い町の観光公式サイト

董寅初一生の事績展覧館

董寅初一生の事績展覧館

董寅初先生の不凡な生涯を集中に展示している。展示ホールは主に6つある:一ホールは人傑地霊、二ホールは家柄淵源、三ホールは書香一脈、四ホールは抗日救国、五ホールは実業救国、六ホールは代々指導深情結びである。

劉同繁盛荘

劉同興隆荘

元は、明清時代にお米、布、塩などを中心に経営している有名な業者である。劉同興隆荘全体をもって五進八棟三十二間の家屋がそろっている。通りのそばには二階木造マンションで、二進は転心階で、後の三進はすべて一階建てである。三進目は接客用広間で、四進目は祖先祭祀用香屋で、五進目は建築面積700平方メートルに及ぶ住宅マンションである。 

杨振寧の旧居

杨振寧の旧居

集中に展示されているのは杨振寧教授の成長の絵と文学の資料、いくつか科学インタラクティブである。杨振寧教授の母は三河人で、1937年末の戦乱のために、ここで仮住まいしていた。

孙立人の旧居

孙立人の旧居

孙立人家族は世代三河に住んでいた。1900年12月8日三河の八扇巷で生まれてから8歳求学で出かけるまでこの間、彼はずっとここに住んでいた。今再修復した孙立人旧居は典型的な徽派住宅で、合計2進である。第一には絵や文字展で、主に孙立人の生涯を含め、長い勉強路、家柄淵源、発奮求学の道、行健止まらぬ、アメリカ留学、「八一三」淞沪会戦などいくつかのプレートで紹介する。一進と二進の間は孙立人さん当時の部分作戦地形図を展示している庭である。二進は2階建てで、階下が接客庁、二階が木造建てである。

チケットの特恵