ようこそ三河の古い町の観光情報ネットワーク 简体|繁体| ENGLISH|日本語|한국어
あなたの位置:観光情報 > 旅行のニュース
ずっとここにいて、離れなかった
発布時間:2015-05-22 10:25:23 ブラウズ:1216 ニュースソース:三河の古い町の観光公式サイト

ずっとここにいて、離れなかった

文/リーマンティン

「一」

何年前、私に殘された三河

崇高な理想のために奮闘する

外の世界を見に行っていないという

三河に殘さず、この熟知した町

すべての街でも名前を言え、一つ一つの隣にも認識

マージャンをしたい、歌を歌って

電話

片時

人が揃って

「二」

何年前、私に殘された三河

暇なときにそこを楽しむ小南河畔の静かな

老街へ行って、数々の名所旧跡を見る

正月や節句友達が門、ご飯を食べたり

一緒ににして高油紙提燈

にぎやかな舞竜燈踊りに従って、踏んで花船チームを通りを歩いて路地

「三」

何年前、私に殘された三河

食いしん坊の時から3県の橋のたもとメートルに餃子を食べる

「中祥」に土地を買って美しい餅

「胡和贵」で味わってみて、焼きたての馬蹄パイ

そして油ワンワンのパイ鴨面の週記の卷饼、宋记の凉皮

たまには一口飲んでもち米チジョウ、味だけ……

「4」

何年前、私に殘された三河。

探してたその三河小僧が、一緒に殘る三河

春が手をつないで、靑草無礼な笑

夏に杭埠河すっきり水泳

秋の時に望月閣山に登って遠くを眺める

冬には万年台雪だるま

疲れたら「不見不散」、「カササギの橋楼」の気の合った友達を呼ぶ

マージャンそそれでも、地主、勝ち負けはすべてこの輪

すべての隣接する私たちはすべてとても熟知

「5」

何年前、私に殘された三河

ここで家にも参加したすべての友人の結婚式

約束から子供にも毎日一緒に遊んで

日曜日に連れて行く万年台広場

彼らは凧揚げ、チャット

彼は山ほどある義父母

正月にお年玉を多くない

彼は生まれた就学三河と

私は知っていた

みんな三河と最も良いと思う

【6】

何年前、私に殘された三河

私はずっとここに、

そんな古くて、歩けないは家の入口で景色を見て

相談してまたいつかに行く堀端の小径

いつかまた行って木桃花島いっぱいの紅花の緑の葉

いつかまた行っ美食街席を詰め

いつか、また……

若い時の事をしてももうやってやる

「末」

何年前、私はここに殘した

ここに私の足どりにそれぞれの路地

毎小街僕の声

私に深く愛この土地

静かで遠い

古くて神秘

まるで千万種の考え

身はその中で

また忘れたどう言表


上一篇:色味は三河

下一篇:素晴らし5 A級の観光地区を幸せ三河 古い町の住民をへの手紙

チケットの特恵